金沢大学

学会・シンポジウム

平成28年  
 
平成28年6月9日-10日 第31回日本生体磁気学会
  日時 平成28年6月9日(木)-10日(金)
場所 金沢市文化ホール
大会長 上原 弦(金沢工業大学)
副大会長 尾崎 勇(青森県立保健大学)
     菊知 充(金沢大学)
第31回日本生体磁気学会大会は盛況のうちに終了しました。
多くの方にご参加いただき、まことにありがとうございました。
     

平成26年  
 
平成26年12月20日 パパママ★サイエンスカフェ『赤ちゃんとのコミュニケーションについて考える』
  日時 平成26年12月20日(土)10:00-11:40
場所 金沢市近江町交流プラザ 研修室2
金沢市青草町88番地(近江町いちば館4階) TEL 076-260-6722
主催 公益社団法人日本心理学会幼児言語発達研究会
共催 金沢大学子どものこころの発達研究センター
後援 北國新聞社,gooベビー
要領 0-2歳のお子さんをお持ちのママやパパ(先着順)
一時預かり施設(有料)あり
お申し込みはこちら >> http://www.zusaar.com/event/5857003
お問い合せはこちら >> jpa.child.language.development@gmail.com
 
平成26年11月27~29日 第3回金沢大学子どものこころサミット
  日時 平成26年11月27日(木)~29(土)
場所 北國新聞 赤羽ホール 1階 北國新聞交流ホール
金沢市南町2番1号 TEL 076-260-3555
後援 北國新聞社/金沢大学十全医学会
共催 金沢大学子どものこころの発達研究センター
大阪大学大学院大阪大学・金沢大学・浜松医科大学・千葉大学・福井大学 連合小児発達学研究科 金沢校
文部科学省 脳科学研究戦略推進プログラム 金沢大学拠点・東田グループ
文部科学省 革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)金沢サテライト
全編一般公開です。
たくさんの方のご来場をお待ちしております!
 
平成26年5月10~11日 第40回日本コミュニケーション障害学会
  日時 平成26年5月10日(土)~11(日)
場所 金沢大学宝町キャンパス十全講堂
主催 日本コミュニケーション障害学会(大会長:大井学)
共催 金沢大学子どものこころの発達研究センター
【一般公開】Courtenay Norbury氏講演会

◆ 日時:2014年5月11日(日)10:30-12:10

◆ 演題:「自閉症スペクトラム障害と特異的言語障害の併存〜診断における課題〜」

◆ 演者:Dr.Courtenay Frazier Norbury (Royal Holloway, University of London)

◆ 司会:大伴潔氏(東京学芸大学)   通訳:田中裕美子氏(大阪芸術大学)

◆ お申込み:不要(定員400名)    ◆ 参加費:無料(一般公開)
(ただし、第40回日本コミュニケーション障害学会学術講演会の他の演題をご覧 になる場合は、教育棟1Fにて必ず大会参加受付をお済ませください。)

◆ お問い合わせ:taikai40@ed.kanazawa-u.ac.jp

◆ 演者プロフィール:
2004年にオックスフォード大学にてPhDを取得(実験心理学)。現在ロンドン 大学ロイヤルホロウェイ心理学部にて教授を務める。言語、読み書き、コミュ ニケーションの発達を専門とするが、現在は自閉症などの発達障害における言 語障害の併存や診断、評価の問題に取り組んでいる。 2008年に出版された著書『Understanding Developmental Language Disorders: From Theory to Practice』(Psychology Press)は、2011年に日本語版が出版 された(『ここまでわかった言語発達障害−理論から実践まで』田中裕美子(監 訳)、医歯薬出版)。

◆ 要旨:
自閉症スペクトラム障害の子どもは、社会的相互作用やコミュニケーションの阻 害、限局的な興味や行動という二つの発達的な障害により特徴づけられている。 これらの問題が合わさり子どもたちの母語学習に大きな困難を引き起こすが、一 方で豊富な語彙や文法を獲得し、極めて複雑な方法で他者と会話を交わすことが できる子どももいる。そこで、いかにして自閉症スペクトラム障害の子どもたち は言語を学習するのか、具体的には、なぜ自閉症の子どもたちの中には言語障害 を伴うこともあるのか、という問題が持ち上がる。本講演では、これらの子ども たちには「特異的」言語障害が併存しているのかどうか、また、言語障害が見ら れるが診断の異なる子どもたちの発達的プロフィールには、どのような相違点が あるのかを論じていく。

平成25年  
 
平成25年2月16日 国際シンポジウム ・ 一般公開
発達障害を科学する ガチ!研究者会議
  日時 平成25年2月16日(土) 9時55分~18時55分
場所 石川県政記念しいのき迎賓館 金沢市広坂2丁目1−1
詳細 ≫日本語ポスター
≫【一般公開】科学者と市民との交流 ポスター
≫英語版ポスター

平成24年  
 
平成24年11月7日 国際シンポジウム
第4回日本−韓国交流シンポジウム : 医学・医療の最新進歩
  日時 平成24年11月7日(水) 8時50分~18時05分
  場所 金沢大学医学部記念館
  詳細 ≫チラシをご覧下さい
 
平成24年10月2日 発達障害の国際セミナー
Daniel H Geschwind 教授をお迎えして国際セミナーを開催いたします。
  日時 平成24年10月2日(火) 18時~19時
  場所 金沢大学宝町キャンパス医学類G棟(講義棟)2階 第4講義室
≫アクセス
  演題 「Systems Biology Analyses of Autism Spectrum Disorders(ASD)
  演者 Daniel H Geschwind 教授
Professor, Departments of Neurology and Psychiatry
Gordon and Virginia MacDonald Distinguished Professor in HumanGenetics
Director, UCLA Center for Autism Research and Treatment
  座長 東田陽博  金沢大学子どものこころの発達研究センター特任教授
  詳細 ≫チラシをご覧下さい
 
平成24年7月15日、29日 市民塾議2012金沢〜自閉症 聞いて話して考える〜
が、しいのき迎賓館で開催されます。
参加者募集は締切りました。ご了承ください。
自閉症について専門家からの情報提供をもとに、さまざまな立場の参加者が話し合い社会に向けて「みんなの声」を発信する−それが「市民塾議」です。
  日時 1日目  平成24年7月15日(日) 13時~16時30分
  2日目  平成24年7月29日(日) 13時~16時30分
  場所 しいのき迎賓館 3階セミナールームA  金沢市広坂2丁目1-1
  内容 1日目  技術開発者より情報提供・グループディスカッション
  2日目  幼児教育の現場より情報提供・グループ゚ディスカッション・みんなの声まとめ
  定員 30名  要申込み:6月29日締切 ≫申込用紙
  詳細 ≫チラシをご覧下さい

平成23年  
 
平成23年11月27日
国際シンポジウム「多言語環境児童の学習言語の発達と障害」
−イマージョン教育から見えてくること
−が、共立女子大学で開催されます。
  日時 11月27日(日)
  場所 共立女子大学3号館508号室   東京都千代田区神田神保町3-27
  主催 金沢大学子どものこころの発達研究センター
  詳細 ≫チラシ、プログラムをご覧下さい
  申込み 申込みはE-mailにて必要事項をご記入の上ご送信ください。
締切  11月17日(木)  先着120名  
≫送付先  E-mail   multilingualdevelopment@gmail.com
 

 
平成23年10月9〜10日 「自閉症のための諸科学の協働:脳・こころ・社会」金沢会議2011が開催されます。
「自閉症のための諸科学の協働:脳・こころ・社会」金沢会議では、諸分野の研究者が集い、自閉症をめぐる問題について議論と交流を行います。

第一部  自閉症をめぐる諸科学の貢献・連携についてのラウンドテーブル
第二部  自閉症研究の現在について 話題提供を行う分野別シンポジウム

≫プログラム
≫チラシ

≫予稿集
≫講演動画(H24,3月作成)
 実行委員長 大井学のご挨拶
 ご多忙のところ金沢会議2011にお越しいただく運びとなり、ありがとうございます。
 実行委員長としては、この会議でスピーカー、コメンテーター、フロア間の意見交換を可能な限り堅苦しくない雰囲気で保障したいと考えています。形式ばった学会をイメージしておりません。カジュアルを旨としたいと思います。どんな初歩的と思える質問でも、分野が違えばOKと思います。協働への一歩を踏み出すことが願うところです。
 したがって、もしよろしければ暗黙ドレスコードからも可能な限り離れて下さると幸いです。カジュアルな服装でおいでいただけますようお願いします。それが、人をがんじがらめにしているとしか思えぬ昨今の社会習慣の中でうめいている自閉症の人々と、思いをともにするささやかな工夫です。
 会場はクラシックですが室内はよくいえば近代的、人口の刺激に溢れています。できるだけ癒しの要素を用意できるようにスタッフ一同心がけますが、ご不快、お疲れの点がありましたらご容赦ください。
日時 第一部  10月 9日(日)  13:00〜16:30
第二部  10月10日(祝)   9:30〜12:35  
  場所 石川県政記念しいのき迎賓館セミナールームB
≫アクセスMAP
  参加費 無料
  主催 金沢大学子どものこころの発達研究センター
  申込み 申込用紙に必要事項をご記入の上、以下の宛先までお送りください。
締切  9月30日(金)  先着80名
≫申込用紙(Wordダウンロード)
≫申込用紙(Fax用 PDF)
≫送付先  E-mail   riskana@staff.kanazawa-u.ac.jp
        Fax     076-234-4213
  問合せ先 ≫riskana@staff.kanazawa-u.ac.jp

   
平成23年9月26〜28日 第54回日本神経化学会大会が開催されます。
  日時 9月26日(月)〜28日(水)
  場所 石川県加賀市山代温泉 瑠璃光 (0761)77-2323
  問合わせ先 ≫大会HP
  金沢大学子どものこころの発達研究センター共催で「故ニーレンバーグ先生追悼シンポジウム」が行われます。
≫プログラム

平成22年  
平成22年3月24,25日 金沢大学社会性認識国際シンポジウム;「自閉症と神経倫理」が医学部十全講堂で開催されます。
  日時 3月24,25日(水、木)時間の詳細はポスターをご覧ください。
  場所 金沢大学宝町医学部十全講堂
  参加費 無料
  問合わせ先 連合大学院小児発達学研究科金沢校 TEL:(076)265-2458(相川)
  24日(水)は一般公開です。講演は英語ですが通訳がつきます。詳細

本コンファレンスは子どものこころの発達研究センターのシンポジウム及び、連合大
学院のキックオフシンポジウムです。

平成21年    
平成21年11月14日 北陸心理学会第44大会が金沢大学角間キャンパスで開催されます。
  日時 11月14日(土)時間の詳細はポスターをご覧ください。
  場所 金沢大学角間キャンパス
人間社会第2講義棟(教育学部棟)401講義室
  参加費 正会員 1,000円
当日会員(一般)2,000円、(大学院生)1,000円、(学部学生)500円
  テーマ 『高機能自閉症スペクトラム障害のある人の理解と治療・支援』
  問合わせ先 北陸心理学会第44回大会準備委員会 TEL:(076)264-5316(荒木)
  子どものこころの発達研究センターの大井学先生が司会を、棟居俊夫先生、高橋和子先生がシンポジストとして参加されます。

平成21年11月7日(土) 連合大学院小児発達学研究科金沢校発足記念シンポジウムが行われます。
  科学技術振興機構研究プロジェクト「市民支援者当事者家族専門家のための自閉症サイエンスセミナー」市民公開講座
  日時 11月7日(土)13:00〜17:30
  場所 ITビジネスプラザ武蔵6階
  参加費 入場無料
託児あり(託児受付10月23日まで)
  問合せ先 金沢大学大学院医学系研究科 TEL:076-265-2458

平成21年10月23日(木) 10月23日から26日に台湾の台中市で行われましたワークショップ「The 10th International Conference of Early Intervention for Children with Developmental Delays」にて、子どものこころの発達研究センター兼任教授(人間社会研究域学校教育系教授)の大井学先生が講演されました。
  タイトル 『会話分析の発展型としてのINREALによる高機能自閉症スペクトラム障害のコミュニケーションへの介入』

平成21年10月18日(土) 第20回能登小児診療懇話会が開催されます。  
  日時 平成21年10月18日(土)13:30〜16:00
  場所 七尾サンライフプラザ2階
  講師 特任教授小泉晶一先生
  テーマ 『金沢大学子どものこころの発達研究センター』の開設と発達障害児の支援
  主催 能登小児診療懇話会
  連絡先 せいしゅこどもクリニック TEL:0767-53-0848

平成21年08月29日 第18回松原記念講演会
  日時 平成21年8月29日(土)2時〜4時
  場所 金沢市文化ホール 大ホール(定員900名)
  テーマ 21世紀の精神医学 〜特に子どものこころに注目して〜

平成20年    
平成20年07月19日 金沢大学子どものこころの発達研究センター「キックオフシンポジウム」が開催されます。
  日時 7月19日(土)13時〜
  場所 金沢エクセルホテル東急
センターオブイノベーションプログラム 連合大学院 子どもみんなプロジェクト いしかわ子どもの心のケアネットワーク 東田陽博研究室

ENGLISH